VOGUE PARIS #853 (2004年)
ソフィア・コッポラ 70ページ!!





2004年「VOGUE PARIS」の編集長 Carine Roitfeld が、

クリスマス号のゲスト・エディターに指名したのは、

ソフィア・コッポラ。

映画「ロスト・イン・トランスレーション」の翌2004年、

ソフィア・コッポラ 自ら編集によるフランス版 ヴォーグは、70ページ以上に渡る豪華な特集だ。

 

ファッションを中心に、お気に入りのアイテムやアーティスト、

映画や音楽のこと、もちろんガーリー・テイストな構成も忘れない内容。

 

特にプライベート写真のページは、

彼女のクリエイティブなアイデアやイメージのヒントとなるアイテムがいっぱい詰まっている。

締めくくりとなる写真は、

ソフィア・コッポラが

ファッション・デザイナー、マーク・ジェイコブスとベッドで一緒に寝ている微笑ましいカットだ。


・表紙:

モデル:ソフィア・コッポラ

撮影:Mario Testino/スタイリング:Carine Roitfeld/ドレス衣装:マーク・ジェイコブス

 

 

・特集ページ:

ソフィア・コッポラ お気に入りのアイコンやアーティストを続々紹介。

ヘルムート・ニュートン、

リチャード・プリンス、エリザベス・ペイトン、

ケイト・モス、キルスティン・ダンスト、

ローレン・ハットン、ダイアナ・ヴリーランド・・・。

フランシス・F・コッポラやロマン・コッポラをはじめとする、

コッポラ・ファミリーの写真やアルバム。

 

・ファッションフォト:

ソフィア・コッポラを被写体に4名(組)のフォトグラファーが撮影

David Sims/Mario Testino/Craig McDean/Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin

 

ソフィア・コッポラ・スタイルを余すところなく、

本人自ら紹介したレアな特集です。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください