Sleazenation
1990年代ロンドンのユース・カルチャー誌





 

「Sleazenation magazine」はイギリス・ロンドンをベースに、

1996年~2003年まで8年間続いた月刊のファッション・カルチャー誌。

 

創刊したのは、Steve Beale

 

1990年代イギリス・ロンドンには、

「i-D」と「THE FACE」の2大カルチャー誌が席巻していましたが、

そこへもう一誌、この「Sleazenation」が仲間入りしました。

 

2017年続いている雑誌は、「i-D」だけとなりましたが、

「Sleazenation」も間違いなくユース・カルチャーに大きな影響を及ぼした雑誌です。

 

現在イギリスでは、そんなユース・カルチャーをテーマにした、

「YOUTH CLUB」というプロジェクトやギャラリーが進行中。

惜しくも廃刊となってしまった「Sleazenation」関連の

ユース写真などアーカイブされているそうです。

 


■2000年 vol.3/issue 7

 

●表紙・特集:

ジュリアン・オピー(Julian Opie)

「Sleazenation」用にジュリアン・オピー(Julian Opie)が手掛けた表紙カバー。

巻末でも作品を収録。

ストリートアーティストのバンクシー(Banksy)も、

かつて「Sleazenation」で表紙を描いたのは有名な話。

 

●特集:ラフ・シモンズ(Raf Simons)

ベルギーのデザイナー、ラフ・シモンズを特集

 

●特集:New York Punk

ブロンディ/デビー・ハリー(Debbie Harry)

トーキングヘッズ、イギー・ポップ

ほか

エリザベス・ペイトン(Elizabeth Peyton)

ビル・ヒックス(Bill Hicks)・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください