DAZED
イギリス 現TOP インディペンデント・カルチャー誌





■Dazed & Confused → DAZED

 

先日イギリスのカルチャー誌「Sleazenation」を紹介しましたが、
そのときに、恰も1990年代には三大イギリスカルチャー誌が存在していたと、
記載してしまいましたが、あるひとつの雑誌の存在を忘れていました。

それは、昨年2016年に25周年を迎えた、
「Dazed & Confused」こと、「DAZED magazine」です。

「DAZED」は、
エディトリアル・ディレクターのジェファーソン・ハック(Jefferson Hack)と、
フォトグラファーのランキン(Rankin)が1991年に創刊させた、
インディペンデント、ポップ・カルチャー&ユース・カルチャー誌。

創刊時は「Dazed & Confused」というタイトルでしたが、
現在は短くして「DAZED」となっています。

どうしても比較されてしまう同じイギリスのカルチャー誌
「i-D」「THE FACE」「Sleazenation」との大きな違いは、
やはりインディペンデント・シーンに強いところではないでしょうか。

上記3誌に比べて、
次世代のアーティストやスタイリスト、フォトグラファー、
デザイナーたちを先駆けて紹介している印象が「DAZED」にはあります。

ちなみに「DAZED」を発行しているDazed Media社は、
「AnOther magazine」や「ANOTHER MAN」などのファッション誌も発行していて、
現在はデジタル「DAZED」も好調だそうです。

参考文献:「THE FASHION POST」
Dazed の創設者、Jefferson Hack (ジェファーソン・ハック) インタビュー

 


■#56 (1999年)

 

表紙・特集:Blur ブラー

表紙は、デーモン・アルバーン
裏表紙は、アレックス・ジェームス

特集ページでは、
メンバーそれぞれの対談を収録

デーモン・アルバーン × キャシー・バーク(Kathy Burke)
グレアム・コクソン × サム・テイラー=ウッド(Sam Taylor-Wood)
アレックス・ジェームス × マリアンヌ・フェイスフル(Marianne Faithfull)
デイヴ・ロウントゥリー × デイジー・ドノヴァン (Daisy Donovan)

撮影:ランキン(Rankin)

ほか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください