PALAIS #13 (2010年)
パレ・ド・トーキョーの現代アート雑誌





■PALAIS le magazine du Palais de Tokyo

フランス、パリ16区(セーヌ川右岸)にある美術館、
パレ・ド・トーキョー(Palais de Tokyo)が発行する美術誌
「PALAIS le magazine du Palais de Tokyo」。

パレ・ド・トーキョーは、
現代アートを中心とした美術館で、
その雑誌「PALAIS」もコンテンポラリー・アートに関する
オリジナル・コンテンツが組まれています。

ちなみに、
パレ・ド・トーキョーが、なぜ「トーキョー」と呼ばれるかというと、
美術館に面した通りが、第一次世界大戦の同盟国、日本の首都にちなんで
「東京通り」と名付けられたことに由来するそうです。

参考文献: Wikipedia パレ・ド・トーキョー

■#13 (2010年)

現代アートのアーティスト、
Adam McEwen をゲスト・エディターに迎えた一冊。

Hugo von Hofmannsthal
H.C. Westermann
Sharons Hayes
Rob Pruitt・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください