Self Service #7(1998年)
21世紀最も有名なインディペンデント ファッション誌





■Self Service magazine

1994年 フランス・パリ、
クリエイティブ・ディレクターのEzra Petronio と、
ファッション・ディレクターのSuzanne Koller が創刊した
「Self Service」。

2000年以降、
最も重要なファッション誌で、
最も有名なインディペンデント・ファッション誌のひとつです。

登場する写真家、デザイナー、モデルは、
毎号豪華ですが、新しいクリエイターや、
前衛的なアーティストも多く登場します。

インスピレーションを与え続けるビジュアル、
いままでのファッション誌にはなかったタイポグラフィなど、
常に進化し続けているファッション誌です。

そして、装丁・見た目で、
何よりも驚かされたのが、
第21号からのハードカバー化。

日本の人気のファション・カルチャー誌「Union」も
ハードカバーになりましたが、
その前身は、やはり、この「Self Service」ではないでしょうか。

毎号300ページ前後のボリューム、
2㎏近くの重量感、
ハードカバーになったことで、
捨てられない雑誌としての地位を築き、
アート写真集のように保存しておきたい一冊となりました。

多分、はじめて「Self Service」を見た人は、
それが雑誌とは気づかないのではないでしょうか・・・。



最新号 #47 (2017年)

公式サイト:Self Service magazine

#7(1998年)

初期のバックナンバー。
現在のハードカバー版と比べると、
この頃は150ページ位の雑誌でした。
マーク・ボスウィック(Mark Borthwick)
リネケ・ダイクストラ(Rineke Dijkstra)
マルタン・マルジェラ 撮影:Duc Lao
Craig McDean
フセイン・チャラヤン・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください