032c magazine #17(2009年)
ドイツ・ベルリン
アート&ファッション コンテンポラリー





■032c magazine


2001年 ドイツ・ベルリン、
Joerg Kochによって創刊された「032c」。

ファッション&アートを中心に
アートディレクター、Mike Meireによって、
美しくデザインされたコンテンポラリー・カルチャー・マガジン。

雑誌編集者やデザイナーなどからの評判も高く、
新しいことを創造するクリエイティブな活動に加え、
Old is New的な特集からも目が離せない雑誌です。

過去に、ファッション・フォトグラファー、
スティーブン・マイセル(Steven Meisel)の歴史的インタビューや、
デザイナー、Rei Kawakubo(川久保玲)、アズディン・アライア、
作家、ウィリアム・T・ヴォルマン(William T.Vollmann)の特集など、
記憶に残るプロジェクトを刊行しています。


現在は「032c」ブランドのアパレル部門もスタートし好調なようです。

ちなみに「032c」というのは、
パントン(Pantone)の印刷グラフィック色のことで、
雑誌のイメージ・カラーともなっている、
赤色を表しています。

公式サイト:032c magazine

■#17(2009年)


特集:マイク・ミルズ(Mike Mills)
40ページの特集

表紙・グラビア:アギネス・ディーン

撮影:Alasdair Mclellan

ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)

Gerhard Steidl

ヴィヴィアン・サッセン(Viviane Sassen)・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください