Gebrauchsgraphik
戦前 ヨーロッパを代表するドイツ・デザイン誌





■Gebrauchsgraphik

1924年
ドイツ・ベルリンで創刊された、
戦前のヨーロッパを代表するデザイン誌「Gebrauchsgraphik」。

コマーシャル・アートと呼ばれる商業デザインをテーマに、
月刊誌として、
世界各国の広告・宣伝、ブックデザイン、イラストレーション、
パッケージ、ウィンドウディスプレイなど芸術性の高いグラフィックを掲載。

戦中は、一時休刊にもなりましたが、
現在は「novum」とタイトルをかえて
ドイツ・ミュンヘンを拠点に発行されています。

世界を代表するデザイン誌のひとつです。

公式サイト:novum

FelixMittermeier / Pixabay

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください