「Edwarda」バタイユ、マダム・エドワルダ!?





■「Edwarda magazine」

フランスの写真家で、
若きクリエイター、
Sam Guelimi が2010年に創刊。

ジョルジュ・バタイユの
短編小説「マダム・エドワルダ」から付けられたと、
想像に難くない「Edwarda」。

Sam Guelimiをはじめ
Dominique Ristoriがコントリビューターとしてレギュラー参加し、
上品で、文学的なエロティシズムを
アートなビジュアルで魅せてくれます。

Purple Fashion」のOlivier Zahm も
フォトグラファーとして(納得の?)参戦しています。

現在、第17号まで発行され、
「Edwarda」から派生した写真集なども出版されています。

■#7(2012年)

 

Sam Guelimi
Dominique Ristori
Olivier Zahm
Christophe Brunnquel・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください