ハーブ・ルバーリン 晩年の実験タイポグラフィ「U&lc」





■U&lc

伝説の雑誌「EROS」「AVANT GARDE」で知られる、
デザイナー ハーブ・ルバーリン(Herb Lubalin)が
手掛けていたタイポグラフィ誌「U&lc」。

「U&lc」は、
1970年、ハーブ・ルバーリン 、
アーロン・バーンズ(Aaron Burns)、エドワード・ロンドサーラー(Edward Rondthaler)
の3人が設立したタイプフェイス会社、
International Typeface Corporation (ITC)が創刊し、
1970年~1999年にかけて120号以上発行されました。

ハーブ・ルバーリンは、
晩年この「U&lc」に力を注ぎ、
1981年に死去するまで11年間に渡ってアートディレクターをつとめています。

雑誌タイトルの「U&lc」は、
大文字と小文字の頭文字
Upper and Lower Case を略したもので、
タブロイド紙タイプの誌面に、
イラスト、カートゥーン、写真などの図版が、
実験的なタイポグラフィと共にデザインされました。

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください