Jardin des Modes | 度々復刊、戦前フランス・ファッション誌





■Jardin des Modes

戦前のフランスを代表する雑誌
「La Gazette du Bon Ton」「Vu」を創刊させた
Lucien Vogel が1922年に立ち上げた
女性ファッション誌「Jardin des Modes」。

創刊当初は、
「L’Illustration des Modes」というタイトルで、
イラストレーターによるファッション画を中心に掲載していましたが、
1950年代に入り、タイトルを現在の「Jardin des Modes」に変更。
ジャンルー・シーフやヘルムート・ニュートン、
フランク・ホーヴァット(Frank Horvat)など、
著名なフォトグラファー撮影によるファッション・フォトを取り入れるようになります。

また、ジャン・ウィドマー (Jean Widmer)や
ミルトン・グレイザー (Milton Glaser)などが
アートディレクターをしていたこともあり
話題性のあるファッション誌としても有名でした。

戦時中や経済的な理由などで度々休刊しては、
復刊を繰り返してきた雑誌でしたが、
1990年代以降フォーマットを大きなサイズに変更するも、
1997年に惜しくも終刊。

最近復刊の計画もあったそうですが、残念ながら実現はしていません。

■#179(1994年)

表紙デザイン:
ポーランドのデザイナー、
ロマン・チェシレヴィチ(Roman Cieslewicz) による
フォトモンタージュ・カバー

BD/バンドデシネ 特集

ニコラ・ド・クレシー(Nicolas de Crecy)

ほか
エットレ・ソットサス
ジャンヌ・モロー
アンドレ・プットマン(Andree Putman)・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください