ロバート・クラム 1980年代版アンダーグラウンド・コミックス「Weirdo」





■Robert Crumb’s Weirdo

 

1960年代後半、カウンターカルチャーを代表する、
「Zap Comix」というロバート・クラムの安価なコミック雑誌がありました。

アヴァンギャルドでナンセンス、ユーモア、タブーなどを取り上げ、
それらは何時しか、
アンダーグラウンド・コミックスと呼ばれるようになりました。

主に自費出版や小さな出版社から発行され、
中でも、「Zap Comix」を立ち上げたロバート・クラムは、
アンダーグラウンド・コミックス界を代表するコミック作家です。

そんなロバート・クラムが
1980年代「Zap Comix」を休止中に(箸休めに?)、
手掛けたのが同じコミック雑誌の「Weirdo」。

「Zap Comix」の常連作家、
ロバート・ウィリアムズ(Robert Williams)や
Drew Friedman、 Spain Rodriguez たちも参加していたこともあり、
1980年代版の「Zap Comix」として親しまれました。

「Weirdo」は、ロバート・クラムが手掛けた、
表紙・裏表紙のアートワークも見どころです。

 

■#7(1983年)


ロバート・クラム(Robert Crumb)

Drew Friedman
Dennis Worden,
Robert Williams
“Spain” Rodriguez (Trashman)
Kaz
Dori Sed・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください