注目度急上昇!インディペンデント・ファッション誌「Document Journal」





 

■Document Journal

 

ニューヨーク 年2回発行
インディペンデント・ファッション誌。

2012年 編集長 Nick Vogelsonによって創刊。

アメリカ、そして世界のカルチャーにスポットをあて、
アートや文学の特集などハイセンスな編集が行われています。

参加しているフォトグラファーは、
ブルース・ウェーバー、マリオ・ソレンティ、ラリー・クラーク、
エディ・スリマン、ユルゲン・テラー・・・大物写真家が多い。

最新の12号では、数パターンの表紙が発表され、
600ページという過去最大のボリューム。

現在インディペンデント・ファッション誌の中でも、
その勢いや話題性など、特に高い注目度を集めている一冊です。

・Document Journal | 公式サイト

■#1(2012年) 創刊号

 

ケラン・ラッツ(Kellan Lutz)
リヤ・ケベデ(Liya Kebede)

David Armstrong
Paul Wetherell
Jeff Burton
Collier Schorr

ジャック・ピアソン(Jack Pierson)
Nir Hod・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください