名作アート写真集の宝庫!「Aperture」の雑誌





 

■Aperture magazine

 

海外のアート写真集が好きな方なら
必ず耳にしたことのある「Aperture」。

1952年にアンセル・アダムスやドロシア・ラングなど
多くの写真家が参加し、
写真家の活動の場を広げる目的で非営利団体 「Aperture」を設立しました。

春・夏・秋・冬、1年に4冊の写真誌「Aperture magazine」を発行し、
初代編集長には、写真家のMinor White が就任、
亡くなる1976年まで編集長をつとめました。


1952年 創刊号


また、雑誌とは別に1年に12冊~15冊程度のペースで、
Aperture 発行の写真集も出版。
数々の傑作写真集を誕生させたことでも知られています。

現在は1年に発行される写真集の数は減りましたが、
雑誌は2018年現在230号超えしたご長寿写真誌です。

「Aperture」は、
ギャラリーや展覧会を独自で開催したり、
写真のワークショップを行うなど、
常に、真剣に「写真」と向き合っています。

・Aperture magazine | 公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください