■Capricious magazine

 

「Capricious magazine」は、
ニューヨークを拠点にアート写真をテーマにした写真雑誌。

2004年スウェーデンのフォトグラファー、
Sophie Morner によって創刊されました。

毎号15名前後の写真家が参加し、
テキストはほぼ省かれ、写真で構成されています。

表紙の左側に参加フォトグラファーの名前と、
その下に参加フォトグラファー直筆による
雑誌タイトルの「Capricious」という文字が印字(ファースト・シーズン)。

ライアン・マッギンレー(Ryan McGinley)、
志賀理江子(Lieko Shiga)、マーク・ボスウィック(Mark Borthwick)などの
フォトグラファーが参加しファースト・シーズンは第10号まで発行されました。

現在はセカンド・シーズンで第16号まで発行されています。

セカンド・シーズン

同じ出版社から、
「Capricious」のSophie Morner と、
A.K. Burns による、
インディペンデンスなアート雑誌「Randy」も発行されています。

Home

Capricious magazine | 公式サイト

#5 The Future Issue

マーク・ボスウィック Mark Borthwick
Pernilla Zetterman / Martine Stig / Andrea Longacre-White /
David Grey / Grant Worth / Laura Heath / Andrew Dosunmu /
Desiree Palmen / Oscar Tuazon / Michael Klöpfer /
Stuart Hawkins / Keren Shavit / Shaun Kessler / Shoplifter

 

pistol
bookspistol@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください