■Queen magazine

 

イギリスのシックスティーズ、
スウィンギング・ロンドンを代表する雑誌「Queen magazine」。

元々は1861年に
Samuel Beeton によって「The Queen」というタイトルで創刊。
当時は英国貴族のライフスタイルに焦点をあてていましたが、
1958年 Jocelyn Stevens の手に渡ってから
スウィンギング・シックスティーズな内容に変貌を遂げます。

ファッション・デザイナー、マリー・クワント(Mary Quant)の起用、
伝説のファッション・モデル、ツイッギー(Twiggy)の登場、
そして、海賊放送「ラジオ・キャロライン」の活動などあり、
1960年代を象徴する雑誌にまで成長しました。

またアート・ディレクターには、
風刺漫画家で、「Lilliput」の編集者、
Mark Boxer がつとめていたのもおもしろいところです。

その後「Queen」は、1970年から「Harper’s Bazaar UK」誌と合併。
一時期「Harper’s & Queen」というタイトルになりましたが、
現在は「Harper’s Bazaar」として知られています。

pistol
bookspistol@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください