■EXIT magazine

 

2000年にイギリスで創刊された「出口」という名の「EXIT」は、
大判サイズで、アート、ファッション、写真をテーマに、
テキストは最小限に抑えられたビジュアル雑誌。

写真家のStephen Toner と アートディレクターのMark Jubber が創刊。

ウィリアム・エグルストン(William Eggleston)、ヴィム・ヴェンダース(Wim Wenders)、
スティーブン・ショアー(Stephen Shore)、グレゴリー・クリュードソン(Gregory Crewdson)、
フィリップ=ロルカ・ディコルシア (Philip-Lorca diCorcia)、
マーティン・パー(Martin Parr)など豪華フォトグラファーが写真作品を提供しています。

現在第四期を展開中。

第一期は、シンプルな単色のカラー、
第二期は、グラデーション・カラー、
第三期は、アーティストによるアート作品、
第四期は、アーティストのポートレート写真と、
10号をひと区切りにして表紙のスタイルを大きく変更しています。

すべて共通するのは、
表紙の左上にタイトル・ロゴを表記しているところです。

・EXIT magazine | 公式サイト

pistol
bookspistol@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください