東京で創刊されたバイリンガル・カルチャー誌「Tokion」





 

■Tokion magazine

 

1996年、
アメリカのLucas Badtke-Berkow & Adam Glickman が日本に来て、
日本のクリエイターと共にバイリンガルで編集。

ジャパニーズ・カルチャーをベースに、
東京で創刊された「Tokion magazine」。

当時、日本のサブカルチャーやストリートアートを紹介した
重要な雑誌として位置づけられていました。

その後事務所をアメリカのロサンゼルスに移し、
日本のカルチャーから
世界のミュージックやアートをテーマにした雑誌にシフトチェンジ。

現在はタイトルを「(Tokion)Factory」と変更しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください