イタリア発トラベル雑誌「Cartography」。最新号は日本特集!





 

■Cartography magazine

 

CEREAL magazine」のヒットもあり、
雑誌業界ではトラベル雑誌ブームが続いています。

SUITCASE」「Faune
Flaneur」「Transhelvetica」・・・など紹介してきましたが、
今回は、イタリア・ミラノを拠点にした「Cartography magazine」。

 

 

View this post on Instagram

 

Launching number 4! 💥Before it comes out in shops next week, you can pre-order it now at hello@bycartography.com. Next week we’ll be having a little event in Milan and this early April in Lisbon, more info to come 🥂 Thanks to all our contributors, readers, friends for making this little dream real: @giodevecchi @paolodilucente @anticamera_location @giovannamuzzisilva @gianluigi_ricuperati @carlo_spinelli @aldospinelli @stephen_gill_ @southdakota @floravenice @insidevenice @visitjapanjp @visit.iseshimatoba @boutiquehomes @arctic_paper @tanyajones_ @stefanogaluzzistudio @johnnywharris @living_form_ @davcoppo @oapartamento @ally_capellino @mykitaofficial @giorgioarmani Nicoló Porcelluzzi Massimo Morello Shinichi Nakazawa EBS Editoriale Bortolazzi Stei @gallery_nichinichi #bycartography #newissue #instock #thankyou #independent #magazine #smallbatch #indie #madeinItaly #travel #japan #southdakota #venice #travelguide #hope #future #dream #paperlovers

Cartography Magazineさん(@bycartography)がシェアした投稿 –

地図作成という意味の「Cartography」をタイトルにし、
ほかのトラベル雑誌と比べて、
より実用的でガイドブックに近い旅行雑誌です。
そしてB4サイズに近い大判!

各号、世界中から3箇所の地域をピックアップし、
週単位の少し長めの旅行から
ニ泊三日の短期旅行まで旅の日程を記録しています。

最新の第4号では、15日間の日本の旅程をメインに、
8日間のアメリカ・サウスダコタ州、
3日間のイタリア・ベニス 旅行をフューチャー。

 

Editors-in-Chief & Creative Directors:
Paola Corini and Luca De Santis

・Cartography magazine | 公式サイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください