■Put A Egg On It

 

独創的なタイトルがつけられた、
インディペンデント・フード・マガジン
「Put A Egg On It」が2018年に10周年を迎えました。

ニューヨークの食文化に焦点を当て、
おいしいレストランや食べ物にまつわる地域を紹介。
著名なアーティストやミュージシャンも好きな料理について寄稿をしています。

緑色の紙に印刷された誌面をベースに(それは現在も続く)、
2008年にニューヨーク・ブルックリンで創刊した
「Put A Egg On It」はフード雑誌ブームの先駆けと言われました。

 

 

2008年当時は「Lucky Peach」をはじめ
インディペンデント・フード雑誌が多数創刊されましたが、
現在続いているのは、ほとんどありません。

「Put A Egg On It」の功績は素晴らしく、
ブルックリンを象徴するフード雑誌に成長しています。

 

http://www.putaeggonit.com/

・Put A Egg On It magazine | 公式サイト

 

 

pistol
bookspistol@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください