歯が痛くても食べたい! 一流シェフがシェフのために作る「Toothache」





 

■Toothache magazine

 

歯痛というタイトルがつけられた、
サンフランシスコ発行のフード雑誌。

世界では数多くのフード雑誌が存在していますが、
「Toothache」が新しい点は、シェフが作っている雑誌ということ。

そして、ターゲットにしているのは、シェフ。

つまりは、シェフが、
シェフのために作っているフード雑誌なのです。

創刊したのは、
サンフランシスコのレストラン「Coi restaurant」で
ペストリー・シェフをする Nick Muncy 。

年2回発行、現在4号がリリース中。

歯が痛くても、食への欲求はおさまりません。。。

 

 

・Toothache magazine | 公式サイト

ピストルブックスのショップ
👇👇👇

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください