アート&ファッション写真のインディペンデント雑誌「No Substance」





 

■No Substance magazine

 

“意味のない”、”実態のない”、
そんな意味のタイトルがついた「No Substance」は、
ファッション、写真をテーマにしたインディペンデント・カルチャー誌。

2015年に
ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション(London College of Fashion)
の卒業生 Becca Deakins が創刊しました。

創刊号では、
Rankin、 Toilet Paper magazine、平川典俊 が参加。
第2号(2016年)では
日本の写真家 題府基之が作品を発表しています。

180ページからなる雑誌は、
写真中心で構成しテキストはほとんどありません。

残念ながら第2号以降紙媒体は発行していませんが、
Web上で活動を続けています。

 

 

View this post on Instagram

 

#nosubstance issue two cover……… photography @bld_ styling + clothes @calurvillade set design @aidanzamiri

“NO SUBSTANCE” magazineさん(@no.substance)がシェアした投稿 –

 

 

・No Substance magazine | 公式サイト

 

■ピストルブックスのショップ■

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください