SFの未来を探るロンドンの雑誌「Visions」





■Visions magazine

 

「Visions」は2019年ロンドンで創刊した
サイエンス・フィクションの未来を探るインディペンデント雑誌。

現在活躍中のSF作家や歴史的作家の短編小説、
デザイナーや研究者のサイエンス・フィクションに関するエッセイなど、
第1号は全256ページのボリュームでリリースしました。

タイトルの「Visions」は、
Michael Chave が発明したフォント書体
Marvin Visionsに由来し
タイポグラフィ・デザインもこの雑誌の見所のひとつです。

 

 

View this post on Instagram

 

🌊 #visionsmagazine #scifi #AI

Alexander Cutteridgeさん(@alex.cutteridge)がシェアした投稿 –

 

 

・Visions magazine | 公式サイト

 

■ピストルブックスのショップ■

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください